久々の帰省・・・故郷でエネルギーチャージ♪

こんばんは(#^.^#)

お盆休みの1週間も終わり、明日からまた平日がスタート。
夏休みもとうとう後半に入りましたね。

私は実は先週末から3日間ほど一人で故郷である福岡の方に帰省しておりまして(今回は母の終活に関する話し合いという目的もありましたので、今回は主人と子供たちは行かずに私一人で)。

7年ぶりに帰る実家で久々に兄弟や親友と再会し、エネルギーをチャージしてまいりました\(^o^)/

母は三田に遊びに来ておりましたので1年ぶりでしたが、兄や弟とはかれこれ6~7年ぶり。
地元に残った親友に至ってはいろいろタイミングのズレなども重なり、もう10年ほど会ってはおりませんでした。

だから、結構初めは照れくさくて(^^;)

しかし、近しい人というのは、すぐに時を越えて気持ちが戻るといいますか、会っていなかったことなど忘れるといいますか、短時間で距離が縮まり、ごくごく自然に語り合うことができました♪

母と兄弟3人が勢ぞろいしたのは、奇しくも父の命日。
一緒にお墓参りに行ったあと、地元では珍しいこじゃれたお店で思い切り飲んで食べて様々なことを語り合いました。

んー・・・こうして思い出を語るのも父の良い供養になったのではないでしょうか(#^.^#)

父が他界してすでに20年が経過していますが、ものすごく近くに父を感じたのは、やはり私たちのそばに来ていたからかな。

また私が父の顔にとてもよく似ているので、余計にそう感じたのかも知れません。

4人で長々としゃべりつつさんざん食べて飲んだのに、シメはシメでラーメンを食べに行きみんなペロリ!

「やっぱり、とんこつラーメンは美味しいわぁ」と、東京で生活している兄と関西にいる私は、しきりに「うまっ」を繰り返しながら食べました(#^.^#)

そして、翌日には親友と再会!

果樹園(地元には果樹園がいくつもあるのです)そばのカフェで、こんなぶどうたっぷりのパフェを頂きながら、お互いの近況などを語り合いました♪

彼女は、しわくちゃになってしまった私とは違ってとても若々しく、昔とまったく変わらない口調で話すので、つい高校生の頃に戻ったような錯覚がしたくらい。

「あー、こういう友達がいるっていいなぁ」と、話している途中で思わず涙が出そうになりました(#^.^#)

どんなに時が経っても、会えない期間ができても、この関係はきっと変わらない。

温かい友情には本当に感謝ですね。

そして、3日間の滞在期間は瞬く間に過ぎ、あっという間に変える日になってしまいました(^^;)

兄は明日最終の便で帰るということで、今日は一足先に帰る私をみんなでお見送りをしてくれ、兄は私の大好物の「鰻のせいろ蒸し」をごちそうしてくれました\(^o^)/

(といっても、鰻に限らず滞在中の飲み食いは全て兄がごちそうしてくれたのですがww)

これね、私が子供の頃から大・大・大好きな「田舎庵」というお店のせいろ蒸しなのですが、蒸して焼いて・・・という東京風に調理された鰻がフワフワでほっぺたが落ちるくらい美味しいのです!

鰻のタレで蒸しあげたご飯も言うに及ばない美味しさ。

評判のお店なので激混みでしたが、用意周到な兄はちゃんと東京から予約しておいてくれたので、すんなりと席について頂くことができました(#^.^#)

子供のときから本当に兄弟想いの頼もしい兄です。

お兄ちゃん、ありがとう♡

そのあとはみんなで新幹線のホームまでお見送りをしてくれ・・・

久々の実家で家族と親友にたーっぷりと愛情をもらった私は、エネルギーがフル充填され元気に三田に帰って参りました!

母の手料理も美味しかったー♪

既に80歳を超えている母ですが、今のところはピンピンしてくれているので、また次回のこういう機会を楽しみにしたいと思っています(#^.^#)

私もしっかり親孝行しなければ!

母は「元気で笑って暮らしてくれていれば、それだけでいいのよー」なんて言ってましたが、何かもっと喜ぶことをしてあげたい。

来年も兄弟そろって母の元で集まろうか・・・・

そう二人にメールしてみようと思いました(#^.^#)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA