いつかこの涙が・・・

今朝はさまざまな涙に心を強く揺さぶられました・・・

一つは、サッカーW杯の日本代表の雄姿

午前3時という働く人泣かせの時間に始まった日本VSベルギー戦は、ものすごい試合でした。

FIFAランク世界61位というあまりにも他の出場国と実力差があり過ぎる日本代表が、様々な批判にさらされながらも16強に入り決勝トーナメントの場へ。

それ自体も感動的でしたが、2点を先制して「よもや?」という夢を見せてくれたことに、言い知れぬ感動が・・・

そして、徐々に追いつかれ、アディショナルタイムには逆転打を打たれて、、、、敗退。

でも、それだって惜しい決勝打を放ってのカウンターだったので、致し方ない部分はありましたよね。

とにかく、日本代表の皆さんは十分、やるべきことをやりました。
それも私たちの過度な期待を受けつつ。

彼らがこれまでにどのような努力をしてこられたのか、想像すると涙が出てしまいます。
本当にお疲れさまでした<m(__)m>

そして、もう一つは、NHK朝の連続テレビ小説「半分、青い」に。

自分の才能に限界を感じた主人公のスズメちゃん、それを見守る師匠の秋風羽織先生、スズメちゃんの見方であり続けるお友達・・・

それぞれの想いにすごく感動して涙してしまいました(私が朝ドラで泣くのはよくあることなのですがww)。

特に、スズメちゃんの涙は痛かったなー

若い頃からひたすら漫画に打ち込み、時には傷ついた心を題材にし、時にはご飯を食べる時間やトイレに行く時間すら惜しんで描き続けた挙句、自らの才能に限界を感じて絶望する・・・(きっと、続きはあるはずですが)

どれほどの心の傷みだろうと思うと、私にも涙が。。。

そんなとき、私が大好きなリトグリ(Little Glee Monster)の「いつかこの涙が」という歌が浮かんで。
この方々にささげたいと思いました。

この歌、リトグリファンなら誰でも知っている名曲で、第96回全国高校サッカー選手権大会公式応援歌にも選ばれた曲です(#^.^#)

歌詞が最高なので、ちょっとご紹介を♪

誰にも負けないと誓ったあの日から きっと戦っていた敵は自分で
限界まで努力できる才能だけ ずっと胸の奥で信じてた
いつも一人じゃないから そう何度も何度も立ち上がって
同じ夢を追いかけた

いつかこの涙が この仲間と過ごして
ぶつかり合った日々が勲章に変わる
今は この涙に似合う言葉はないから
何も言わないで肩を抱きしめていよう

高い場所からしか見えない景色は いつも壁を登った先にあった
想像できる未来には興味などなくて ずっと熱い目で夢をみてた
やがて不可能が可能にほんの少しずつ変わってく
青すぎる時の中で

いつかこの涙が この仲間と出会えて
信じあえた日々が勲章に変わる
今は この涙に似合う言葉はないから
何も言わないで肩を抱きしめていよう

世界で一番悔しがることができたら
世界で(そう誰より君が)
一番(努力していたから)
君は輝いてる

いつかこの涙が この仲間と過ごして
ぶつかり合った日々が勲章に変わる
今は この涙に似合う言葉はないから
何も言わないで肩を抱きしめていよう

ああこの笑顔が この仲間と出会って
信じあえた日々が勲章に変わる
今は この終わりのない自分への挑戦の
先に 眩しい未来が待っているから

うう・・・書いていても感動( ;∀;)

才能は才能でも、「限界まで努力できる才能」とは・・・なんと切ない。

それでも、信じて続けることができた者だけが輝く何かを手にする。

私もそう思います。

ホントに良い曲なんですぅ。
ぜひ、聞いてみて下さい!

※リトグリのこのアルバム、最高です!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA