旬のタケノコをたっぷり入れてちらし寿司を作りました♪

今の季節、タケノコが美味しいですね~♪

ボイルのタケノコは年中売られていますが、掘りたての新鮮なものを食べられるのは春だけ。

ホクホクとした食感とタケノコ独特の香りが堪りません(≧▽≦)

我が家は全員大好きなので、若竹煮から土佐煮、天ぷら、ピリ辛炒め・・・と様々な形で連日頂いております♡

そして今日は・・・ちらし寿司\(^o^)/

タケノコをたっぷり入れて春のちらし寿司を作りました~♪

干しシイタケを甘辛く炊いて、その他の具を煮て、キヌサヤを軽く湯がいて・・・そして、寿司桶で炊き立てのご飯と合わせた寿司酢を混ぜ合わせる・・・

こうしたちらし寿司づくりは、私にとっては母との思い出をたどる時間です(#^.^#)

その昔、母が作っているとき、子供だった私は毎回、張り付いて見てたんですよね。

作る過程が興味津々でしたし、母の作るお寿司が大好きで♪

寿司酢は砂糖と塩をどのくらいの割合で合わせるのか聞いたり、ご飯をパタパタうちわで扇いだり、シイタケの軸の部分をつまみ食いさせてもらったり・・・

だから、今日も作りながら母を思い出していました(#^.^#)

今回は、錦糸卵と普通に食べるのではなく、お揚げさんに詰めて稲荷寿司にしてみました♪

これなら、お腹を空かせた子供たちもつまみやすいでしょう(#^.^#)

何しろ、待ったなしですからねー・・・

何だかいい時間を過ごした気分です。

後で母に電話してみようっと・・・

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA