「ありがとう」の気持ちを添えて・・・心にも体にも優しい蕎麦の実をつかった金平糖♪

金平糖って大好き♡

色や形がかわいらしいだけじゃなく、口に含むとどこか懐かしい、優しい甘さが広がるから(#^.^#)

それに、この金平糖一つが出来上がるまでにどれだけの時間と手間ひまがかかっていることか・・・

昔ながらの丁寧な製法をとられている製造元は尚更です。

わずか1.5㎝の金平糖を作るために、2週間ほどかかったりするほどなんですよ(゚д゚)!

しかも、金平糖を作る現場は暑くて過酷・・・

そんな環境の中で職人さんが手間暇をかけて作って下さっているんですねぇ・・・

だから、口に含んだときに感じる優しさは、作り手の「愛」なんです(#^.^#)

・・・・と、金平糖には特別なリスペクトを感じる私。
放っておくとまだまだ熱く語ってしまいそうです(^^;)

というのも、珍しい蕎麦の実の金平糖に出会ったからです♪

私、こんな金平糖は初めて!

それは、こちら。

伝統工芸・和雑貨セレクトショップ「壱ポイント」さんの蕎麦の実金平糖(抹茶)

こちらの金平糖は、何と上品な味わい・・・

甘さとか風味とか、他の金平糖と全然違います。

見た段階では、濃い抹茶味の甘ーいお味を想像していたのですが、実際に食べてみると、さらりとした甘さの中に蕎麦の実の風味を感じる繊細さ。

「心にも体にも優しい」が実によく感じられました。

これはぜひ、大切な人への贈り物にしたい♡

まずは、遠く離れている母に・・・と思いました(#^.^#)

それに、この金平糖、とてもかわいい箱に入って販売されているんです♪

実はこの箱のデザインは、版画家・徳力 富吉郎氏によるもの。

調べるまで私も詳しくは存じ上げなかったのですが、この徳力 富吉郎さんという方は、京版画に近代感覚を取り入れられ、その作品は新しい版画、”徳力版画”と評され版画会の第一人者となられた方だとか・・・

風情溢れる京都の街並みや活気ある祇園祭の様子など、京都の情景を描いたものが多く、根強いファンがとてもたくさんいらっしゃるんです(#^.^#)

そんな彩り豊かな版画デザインの雅な箱に納められた抹茶風味の蕎麦の実金平糖。
「ありがとう」の気持ちを伝えるには最高のお品ではないでしょうか♪

そういえば、来月には母の日もありますよね。

女性への贈り物に最適ですので、ご参考にして頂けたらと思います(#^.^#)

因みに、金平糖は抹茶の他に、黒糖もありますよ♪
それに「壱ポイント」さんのセレクトショップには、ストールやイヤリングなど和物のファッションアイテムもいろいろあります。
楽しいので覗いてみて下さいね!

>>>いつも身近にワンポイントの和の心。【和雑貨のオンラインショップ |壱ポイント】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA