丹波篠山へ蕎麦と栗餅の旅・・・

丹波篠山といえば、こちらの記事でご紹介した黒大豆枝豆が有名ですが、もう一つ、秋の短い期間だけに販売される「栗餅」という名物があります。

和菓子屋さんによって多少の違いはあるのですが、私が好きな大福堂さんの栗餅はコチラ ↓ です(#^.^#)

これは、栗餡の中に柔らかいお餅がちょこんと入っている和菓子なのですが、この栗餡がたまらなく美味しいのです(≧▽≦)

良質な栗を裏ごしして、ほぼ栗の甘みだけで作られているので、何とも香りがよく、上品な甘さ♪

お口の中に秋の季節感がパーッと広がる逸品なのです!

この栗餅を何としても1年に1度は食べたい・・・とばかりに、再び篠山へ行って参りました♪

そして、今回は、ついでにお蕎麦も堪能しに( ̄▽ ̄)

お昼の腹ごしらえに・・・とお邪魔したのは、人気蕎麦処の「一休庵」さん

(一休庵・・・篠山市 山内町 78-2)

こちらで十割蕎麦の薫り高い天ざるを頂きました♪

よく食べる私は大盛で注文(^^;)

つるつるとのど越しの良いお蕎麦とサクサクとした揚げたての天ぷら。

もう至福の時でございました・・・

因みに、こちらの一休庵さんの天ぷらには、とても面白いものがあります。

それは、生麩と湯葉、そして、蕎麦の天ぷらです♪

写真はその一つ、蕎麦の天ぷらですが、カリカリとして香ばしく、お菓子みたいでした(#^.^#)

大盛の御蕎麦を頂いた後、ゆっくり蕎麦湯を頂いて大満足♪

のんびりとドライブしながら帰路につきました。
本日も幸せなひと時に感謝です(#^.^#)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA