これも怪我の功名!?

実は一昨日・・・ロールキャベツをしようとキャベツを剥がし、芯を取っていたとき、手が滑って左手の親指をザクッといってしまいました(>_<)

包丁は研いだばかりでキレが良く、痛いというより「熱っ!!」と思ってしまった・・・

そして、思ったときには遅かった・・・

急いで手を洗い、バンドエイドをぐるぐると巻いて止血をしてみたけれど、結構やっちゃった(>_<)

あー、明日からしばらくテニスができないか???(気にするのはそこかい)

なぜなら、私は左利き。
包丁は子供ときに母から右手で習ったけれど、力仕事や器用さを要する作業は全て左でやっているのです。

だから当然、テニスのラケットを持つのは左手。
私には貴重な黄金の(?)左手なのです( ̄▽ ̄)

ま、心配はしたのですが・・・
昨日試してみたところ、親指でぎゅっと握らないようにすればテニスは何とかできた!
チョイと押えの効かないところはあるけれど、何とかなる。

が、何とかしにくいのがお料理だったんですよねー

昨日はざく切りのお野菜と豚肉を炒め、もう一品は鰆の西京焼きで凌ぎましたが、今日はどうする・・・?と悩みました。

昨日は「何とかしなくちゃ」と気合が入っていたけれど、一日経つと何だかそれも萎えてる・・・

でも、冷蔵庫には使ってしまわなければいけない鶏肉がある。

うん、唐揚げにしよう( `ー´)ノ
あとはレタスのサラダとお味噌汁でイイや。

そう思って、足りない鶏肉を買って帰ったところ・・・

なんと、長女が「あ、じゃあ私が作るわ」と言ってくれました(゚д゚)!

あら?この子はそういう気づかいができる子だったっけ?

いえ、これまでは結構自分のことだけで精いっぱいというか他人に関心がないというか、お手伝いをあまりしてくれる子じゃなかったんです。

次女はいろいろ手伝ってくれるけど、長女はしない・・・という感じだったから、それはそれでマズい。
そろそろ言わなきゃいけないかなーと思ってました。

でも、全部やってくれましたねー

「どうするのか指示して」っていうから、「鶏肉を適当な大きさに切って、塩麹&お酒&こしょう&だし醤油少々で揉んで」と。

「んで、片栗粉をつけて油で揚げるのよー」・・・

「おお、お肉が冷てー」とか言いながらやってくれました♡

そして唐揚げが完成♪

助かった・・・
あるがとうねぇ(#^.^#)

子供って成長するんだね。
この年代の娘からすると当たり前のことかもしれないけれど、うちの子はダメだなぁなんて思ったりもすることあったんだー

だから、母は結構嬉しかったよ(#^.^#)

どうもありがとう(^^♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA