お義母さんをちょっとご紹介・・・

主人の母である私の義母は、今年の4月に散歩をしている最中に脳出血を起こして倒れ、救急で市民病院に搬送されました。

そしていきなりの緊急手術。
まずは命を助けるために、脳内の出血を取り除く手術が行われました。

夜10時から始まり、8時間近くかかったかな・・・

結果、命は助かりました\(^o^)/

道で倒れている義母を車に引かれないよう脇に移動し、救急車を呼んで下さった方、どこのどなたかはわからないままですが、本当にありがとうございました<m(__)m>

ただ、そのときに損傷した脳の部分が結構あったこともあり、義母は左側の手と足が動かなくなってしまったのと、認知症が進行する結果となってしまいました。。。

でも、まあ、命は助かりましたからね。

とはいえ、私たち家族にとっては予想だにしなかった出来事です。

これまで年に2度ほど「めまいがする」とメニエールのような症状で不調を訴えることはあっても、風邪を引いたり、どこか内蔵の具合を悪くしたりなど一切ない、元気な義母。

お歳を取られてきたとはいえ、もともと自立心のある方だけに、私たちは油断してしまったんですね。。。

義母は義父がなくなってからは一人暮らし。
とはいっても、道路を隔てて我が家の向かいにあるマンションに住んでいたので、行き来はしょっちゅう。
夕飯によく招いたりしている間柄だったんです。

家族のお誕生日にはお得意のお赤飯を炊いて持ってきて下さるし、どこか遠出するときには私たちと一緒に行く。
お友達のの旅行も年に何度か行かれる・・・そんな元気な義母でした(#^.^#)

それが、この4月のある日を境に一変してしまいました・・・

身体が動かなくなったことももちろん残念だけど、それよりも寂しい(こう言っちゃいけないんだろうな・・・)のは、認知症の進行の方なんです(>_<)

そもそも倒れる1年ほど前から急に物忘れが激しくなった義母。

お財布や鍵、保険証、通帳など持ち物をなくすことはしばしば、お夕飯に家へ来る約束をキレイに忘れることも出てきていました。

でも、メモを残して置いたり、携帯のメールで連絡すれば何とかなったり・・・とあまり深刻なものではなかったのですが。

脳の損傷によって進行し始めた認知症は、恐ろしいほどスピードが速く、かつてのそれとは比べ物にならないくらいのわからなくなりようを表すようになってしまいました。

家族が誰だかはわかります。

もちろん、嫁である私のことも名前で呼んでくれるのでわかってくれている・・・

でも、今がいつで季節が何?とか、自分がどこにいるとか、どういう状態になっているとかがわからないんです。

ま、左側の手足が動かなくなっていることは、「あ、これができない、あれもできない」と絶望を感じがらずっと過ごさなくていいので、反ってわからない方がありがたいのですが(本人は動く気でいます)、リハビリにおいては、認知症が結構な障害になってしまいます(>_<)

動かせていないことを意識できないだけでなく、「こんなリハビリをした」とか「こういう風に右側を使えばなんとかなるな」とかいう積み重ねが意識・記憶に残らないんです。。。

これは、思いのほか大きいんですよ。
再び動かせるようになるためのリハビリには大きな障害になるの。

だから、極力認知症は発症しないでいられた方がいいなーと思いました。

これはホントに。

そして、認知症は義母の言動も大きく変えてしまうんですね。

かつての義母ならそんなことは言わないだろうということを言ったり、しなかったであろう動きをする・・・

食事の仕方も子供と同じようになってしまいます。
口の中に頬張りすぎているのにさらに入れようとしたり、同じものばかりを食べ続けたり、煮汁まで1滴も残さずに飲み干したり。

食べるスピードだって別人です。
ものすごく早い。

・・・というか、がっついて食べちゃうようになってしまった感じですね。

そんな義母は今、内から車で30分ほど離れたところにある介護老人保健施設に入っています。

なので、私は2日に一度のペースで義母に会いに行っている生活ですね。

行ったところで私が何か役に立つわけではないのですが、少しでも寂しい思いをしないようにと、できるだけ会話をすることで脳を活性化させることができないか?と考えているため。

顔を見て、話をして、時には義母の友人へ手紙を一緒に書いたり、ぬり絵を使用と持ち掛けたり・・・

で、義母がお昼ご飯を食べるのを手伝って帰る、という感じなんです。

ここに来ていつも思うのは、入所しているおばあちゃんたちはみんな人恋しいんだなということ。
最近は、私が行くといろいろなおばあちゃんが話しかけに近寄っていらっしゃるんです。

「あんた、娘さんか?嫁さんか?」とか「どこからきはったん?」とか。

認知症気味の方も結構いらっしゃるので、毎回同じ会話だったりするんですが、私も義母で慣れているので、毎回できるだけ新鮮に答えております(#^.^#)

ed06c5c2e47c01fe67c95df5e59bf27d_s

義母の入っている施設は建物自体はキレイだし、ワンフロアに50人近くの入居者が集まってご飯を食べたり、毎日職員の方行なってくれるレクリエーションがあるので独りぼっち・・・ということはないようなのですが、やっぱり寂しいのは寂しいんでしょうね。

だから、行った時くらいは、義母と二人だけで個室で話すより皆さんのいるフロアで一緒に話をしようかなと思ってます。

世の中には自宅で両親やお姑さんの介護を一生懸命されている人もいらっしゃるし、そんな方に比べたら私なんて何もしていないに等しいんだけど、できる範囲のことをしていこうと思っています。

まだまだ義母の介護のことや認知症のことについては、他の方の参考にして頂けることもあると思うので、またこのブログでお話させて頂こうと思います(#^.^#)

そのうち愚痴も出るかもよん( ̄▽ ̄)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA